キルギス戦。

のんびりと観戦。
時間帯の指定はなし。
前半を見たあとに一気に記録。

前半。

たしか原口選手。結構早い時間帯で相手をフェイントで反対方向に動かす場面があったはず。

吉田選手も、横にパスすると見せかけて縦に数歩ドリブルし前にパスしていましたね。良いですね。

確認が出来ませんが、たぶん南野選手のプレー。浮き玉を足の裏で扱った場面があったはず。自然過ぎたので私の勘違いかもしれない。

スポンサード・リンク

原口選手のドリブル。前半の終わり頃だったでしょうか。良い感じに相手をかわしていたのですが、ボールが少し大きくなりました。過去の試合やドリブル関係の動画を見た感じでは指先を使う技術のはず。指の付け根でのドリブルは結構難しい。綺麗なボールには対応出来ますが、今回のように不規則なボールには不利。芝の状態が良くないときでも対応出来るように、減速付きのドリブルがいいかもしれませんね。原口選手の技術の高さを考えると、より有利なドリブルの方がいいかもしれません。

伊東選手の最後のシュート。良かった。
タイミングも素晴らしい。理想的なシュートでしたね。また見たい。映像で確認出来ませんが、良いシュート。

前半の記録をしていたら後半がはじまった。

後半。

ボーっとしながら観戦。
何を書こうとしたか忘れた。
私は何を書こうとしたのだろうか。

後半のことは不明。

スポンサーリンク

全体のこと。

得点場面。
一点目。
PKに繋がる南野選手のプレー。
映像で確認したらキーパーから逃げるようにボールを動かしていましたね。
映像で見るまで気づかなかった。
PKのシュート。
気持ちの良いシュート。
ボールの回転を見るのを忘れた。
なぜかボーっとしながら見ていたので、一番注目したい回転を見ていなかった。
あとから映像で確認しても、なぜか印象が残らない。
試合中の流れで感じたことが正しいかリプレイで確認する感じ。
生で見たときに何かを感じないと、映像で確認しても何も思わないようだ。

前に中東との試合で判断のタイミングを確認しようとしたが、試合中(流れの中)では明確に分かったタイミングが、全く分からなかった。自分でも驚き。

たぶん自分でも分からない私自身の試合の流れがあるのでしょうね。

今回の試合は油断したような感じ。(特に後半)
何かを失ったのか、それとも調子が悪いだけか。
自分でもよく分からないが、自分自信の感覚が最近違う感じがする。
何だろう。

スポンサーリンク

最近、日本人選手の試合を見ていて思うのは、私は役目を終えたかもしれないということ。
毎回似たようなことしか書いていない気がする。
私自身も次に進む時期が来たのかもしれませんね。

残された仕事がもう少しあるので、そこまでは済ませたい。

二点目。
原口選手のシュート。
良いですね。蹴り足側の腕の動きを確認したかったですが、他の部分を優先的に見ていたので確認出来ず。
今でも十分素晴らしいですが、簡単に見た感じでは、もっと上手くなれる感じ。

足の裏等、ブラジル代表が使う技術を日本人選手も使うようになったので安心ですね。
日本人選手に任せれば大丈夫な気がする。

書きたいことを少し思い出した。
伊東選手のシュート良かったですね。
過去の試合でもそうですが、素晴らしい技術を持っているわりには点数に出ていない気がします。
もっと点を取っていないとおかしいはず。
これから数字を増やすことを期待したいですね。
得点場面に遅刻しない素晴らしいプレーなので、もっと点を取って欲しい。

●「最新版・サッカー目次」●試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。 専門的な内容はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で扱っています。

1 thought on “キルギス戦。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください