セルビア戦、懐かしい顔。滅びを求める遺伝子

セルビア戦がありました。
懐かしい顔。豪華な試合。


シュートが少なかったですね。
積極的にシュートを撃つ姿勢が欲しかった。
サッカーはシュートを多く決めた方が勝つ。
シュートを忘れているのか、それとも別の狙いがあるのか。
10点以上取るつもりでシュートを狙って欲しい。


後半点が入る。点が入る瞬間は何度見ても良い。

高さについて。
高さは強さであり弱さでもある。
サッカーのゴールは低い場所にある。
無回転やドライブシュートでない限り、ゴールよりも上にシュートを撃っても点は取れない。
サッカーでは高さは絶対ではない。
ここを勘違いしていると弱気なプレーになる。
また、日本人への敬意が足りない失礼な生き物が育つ。
東アジア原産の日本人差別に染まっているのか、それとも考えることが苦手なのか不明。

スポンサード・リンク


高さがある選手は股抜きを狙いやすい。
子供を股抜きするのは難しいが大人の股を狙うのは簡単だ。
高さというものは絶対的なものではない。
空間認識が間違っている人ほど高さを勘違いする。
例えば日本代表が右側に集まっているとする。
相手が持つボールに日本人選手が集まる。
右側の密度が高い。これは絶対的な強さか。


絶対的な強さではない。
日本人選手が右側に集まっているということは、左側に選手が少ないということ。
右側に選手が集まると逆サイドである左側を攻められると困る。
サッカー用語ではサイドチェンジと呼ぶだろうか。
相手が右側にいるなら真ん中や左側を攻める。
外側から攻めるのが正しいのではなく、一番ゴールに近い真ん中が渋滞しているから外側を利用して渋滞を解消しようとする。

スポンサーリンク


真ん中を開けるために外側にボールを出す。
外側に相手を誘い、真ん中や反対側でシュートを撃つ。
これと同じことが高さでも起きる。
小学生と大人と股抜き対決をする場合、小学生に勝つのは難しい。
これは大人が劣っているというわけではない。
ボールを通す部分(股)をゴールとすると、小学生のゴールは小さく大人のゴールは大きい。ゴールが大きいか小さいかの違いだ。


高いとは頭が上にあるということ。
人が右にいるか左にいるか。それとも真ん中かというのと同じ。
肉体濃度が一番濃い場所がどの高さにあるかを示すだけ。

高さが強さにならない例を紹介する。

例えば動物のキリンがゴールキーパーをしているとする。
キリンは人間より背が高いため強いと感じるか。
キリンから点を取るのは無理なのか。
高さではキリンには勝てないが、股を狙うならば問題無い。
肉体濃度が濃い空間がどの位置にあるかで戦い方を変えれば良い。
サイドチェンジは肉体濃度が薄い場所を攻める知恵ではないか。
左右に選手の位置が偏るならば、上下に偏っても不思議ではない。
キリンが得意なプレーはヘディングになる。
ゴールキーパーのように安定した高さが求められる場合は身長が武器になることもあるが、股や足元を狙われることがある。
はっきりと言うならば、動きがにぶい。
にぶいとは遅いという意味だ。

スポンサーリンク


遅いとは動作が遅いという意味だけでなく、頭の回転が良くないという意味もある。
一回目の判断は早くても二回目の判断は出来ないだろう。(一回しか判断出来ないという意味だ)
これは、能力の問題。
どこかが秀でているならば、別のどこかが劣っていることが多い。
これはサッカーが分かりやすい。
サッカーで真ん中を守れば無敵のように思えるが、外側からの攻撃に弱くなる。
では、外側を守れば良いのかというと、そうではない。
外側の守りを大事にすれば真ん中の守りが弱くなる。
全てを満たす遺伝子を求めるのは非常に難しいだろう。
これは、じゃんけんで絶対に勝てる方法を探すのと同じ。
何かに勝てるものは、別の何かに負けてしまう。
何か優れているとは、別の何かで劣っているということ。
では、何も劣っていない場合はどうか。
何も劣っていないとは、何も優れていないということ。

東アジア原産の日本人差別に染まりきった運動部の頭では難しいかもしれない。
文武両道等、一部例外はいるが、基本的に運動部は勉強が出来ない人達のことだろう。
運動が得意とは、勉強が苦手という意味。
勉強が得意とは、運動が苦手という意味。
両方とも得意な人は、文武両道(運動部の場合)や運動も出来る人(勉強系の人)と呼ばれる。

今回の試合で触れるならば、日本が相手陣地に攻め込んだときに単純にゴール前にパスするのではなく、一度キックフェイントをするといいだろう。

日本人選手は日本人の身体能力が高いことを知らないのだろう。
おそらく、日本人同士で戦うと気付けないと思う。
サッカーで大事なのは一回目の動きではなく、二回目、三回目の速さ。
三人目の動きや周りのサポートという言葉を聞いたことがあるだろう。
これは、勝負は一回では決まらないという意味ではないか。
シュートは一発で決まるのか。
ボール奪取は一回で出来るのか。
この答えは決定力やファーストディフェンダーという言葉を思い出せば理解出来る。
一回では終わらないから二回目以降を含む言葉がある。
ファーストシュート。ファーストディフェンダー。
これは、二回目以降が存在することを意味しているのではないか。

スポンサーリンク

サッカーの単語に触れるとサッカーが失敗することを前提に成り立っていることが分かる。
完璧ではない人間が完璧を求めて戦う姿に心を奪われるのではないか。

完璧から一番遠い場所にいるような人間が指導者を名乗る。これは何の冗談か。

キックフェイントをする意味は、人間とトラックのブレーキを考えると分かる。
人間とトラックが目的地に向かって走っている。
忘れ物に同時に気付き止まろうとする。
このとき、すぐに停止出来るのはどちらか。
人間とトラックを考えるとトラックの方が高さも大きさもあるため止まるのも上手だと勘違いする人もいるかもしれないが、停止しやすいのは人間の方だ。
高さや大きさの認識が出来ない人ほど間違う問題。
また、速度が出ているほど止まるのが難しい。
同じ速度でも重たいほど停止するまでの距離が長くなる。
細かい内容はトラックの過積載(かせきさい)で調べるといい。

サッカーは一回目の行動では決まらない。
サッカーが求める速さとは、二回目以降の速さ。
二回目以降の速さとは、変化する状況に合わせた決断が出来るかということ。
判断力や考える力と呼ばれるだろうか。切り替えの速さの方が伝わるだろうか。
試合が予定通りに進むことはないだろう。
予想とは違う状況が発生したときに、どちらが早く二回目の行動をとれるかを競う。

キックフェイントで相手を寝かせたら良い。
判断が遅い人間は空走距離(くうそうきょり)が長い。動きがにぶい人は制動距離(せいどうきょり)が長い。

(空走距離と制動距離は自動車の運転を調べると出てくる)

判断が遅く不器用であるという欠点を、大きさや乱暴さで補おうとしている。
これが高さを全面に出す国の特徴。一番得意なものと、それしか無いは意味が違う。
遺伝子で優劣を語るのは他者を攻撃することに繋がるため、避けられることが多い。
卑屈過ぎて気持ち悪い発言を聞くたびに、日本人選手が異常な環境で育っていることが分かる。
東アジア原産の日本人差別に染まった人間ほど目の前の現象を認識出来ないだろう。
今も続いているが、優秀な遺伝子で劣っている遺伝子を消せというのは民族浄化である。
この単語の意味を理解しているから、海外の選手に身体能力が高いと言っているのだろう。

スポンサーリンク

遺伝子の優劣を語るときに避けられないのが知能の話。
知性と呼ぶ方が良いだろうか。
優れた遺伝子を取り入れることが正しく、劣ったものを消すのが正しいとする考えは、有色人種を人間として扱わず奴隷として消費してきた生き物の思想である。
自分達が何を言っているのか分かっているのか。
海外の血を無条件に身体能力が高いと説明するのは、日本人の血を消せと言っているのと同じだ。発言するたびに日本人を刺しているのと同じだ。
日本人に対して、どのようなことを言っているのか自覚しているか。
おそらく、自覚しているのだろう。自覚しているから日本人選手を、めった刺しにするのだろう。


遺伝子が優れているものが結果を出すのならば、日本人の遺伝子が一番優れている。
その理由は、日本国が世界一歴史が長い国であることを考えると分かる。
この意味が理解出来るか。
運動部に考える知性はあるのか。
私は運動部に脳みそは期待していない。
運動部も頑張っているな程度の認識だったが、日本国民の敵としか思えないような発言が多いことに驚く。
期待していないから失望することはないが、もう少し日本人の遺伝子に敬意を払った方がいい。
何かが優れているということは、何かが劣っているということ。
筋力が優れているということは、別の何かが劣っているということ。
身体能力には俊敏性も含まれるだろう。
日本人への憎悪発言や、日本人差別による憎悪犯罪を推奨するかのような行動は避けた方がいいのではないか。
日本人を滅ぼそうとするような生き物は日本サッカーから去って欲しい。
民族浄化を推奨するような人間はサッカー界にいらない。
サッカーは人権を大事にする。
当然、日本人の人権も大切にしている。
サッカーは差別に反対している。
当然、日本人差別にも反対している。

サッカー関係者や報道関係者が触れている内容は、血を流す内容だ。
私は何も言わない。
本音を言うならば、報道関係者が親族ごと、この世から消えても問題無い。
日本人差別を行ってきたような集団の幸せを願う気持ちは一切無い。
サッカー関係者に対する認識も同じだ。

サッカーやその他分野で人権を大事にしようと言うのは、遺伝子の優劣という名目で人間狩りが行われているからだ。(現在も東アジアで問題になっている)

優れた遺伝子を残すことが正しいのならば、海外から消したらどうか。その次に、運動部が消える。
私は何も困らない。文武両道以外の運動部から去るといい。
劣っているものを消すのが正しいというのならば、日本人差別を平気で行うような運動部や報道関係者から消えてはどうか。

自分達が何を言っているのか理解しているのか。
日本人を奴隷として売り飛ばしていた宣教師がスポーツ界にも入ってきている。
自分達が何を言っているか、日本人に対して宣戦布告をしているという自覚はあるのか。

遺伝子の優劣で首を狩る時代を終わらせるために、偉大な選手達は今もなお努力しているのではないか。
英雄の顔に泥を塗るつもりか。

私は勉強派の人間。
大学からサッカーを始めた。
運動部、特に体育会系を嫌っている人がいるのを知っている。
私は運動部に対して好意的な人間だと思う。
ただ、運動部が遺伝子の優劣を持ち出すのならば、運動部を消すことが正しいのかもしれない。
スポーツ関係者や報道関係者等の発言は、滅びを求めているとしか思えない。

なぜ、滅びを求めるのか。
理解出来ない。
頭に糞でも詰まっているか。
筋肉でも詰めとけよ、と私は思う。

遺伝子の優劣で他者を滅ぼそうとするのが優生学。
もう少し考えた方が良い。
他者を奴隷と認識する遺伝子を優れていると考え、他者の人権を大事にしてきた日本人の遺伝子を下に考えるのは正常だとは思えない。

高さや大きさとは強さでもあり弱さでもある。
指導者がまともな指導をしてこなかったから日本人選手が苦労している。
大きくにぶい相手は、速く長く動かして寝かせれば良い。
キックフェイントで寝かせるといいだろう。
キックフェイントで3人ぐらい転ばせてからクロスを上げれば良い。

大丈夫だ、横転したトラックはすぐには起き上がれない。

ゾウとトラックの勝負では、ゾウが勝つ。

はっきり言う。
卑屈過ぎて気持ち悪い。
飯がまずくなるから黙っていて欲しい。
サッカーの邪魔。授業の邪魔になるから静かにして欲しい。

日本人選手にはクライフターンを試して欲しい。
海外の選手は動きが遅い。
高さは寝かせてしまえば問題無い。
高さのサイドチェンジをすればいい。
相手を寝かしつけてから日本人だけの時間を楽しめば良い。

サッカーでは、相手を外側や真ん中、前や後ろと動かすことも大事だ。

クライフターンが難しいなら、軸足を一回増やすのもいい。
ケンケンパのように軸足を増やすといいだろう。
通常は左右の足を交互に出すが、軸足を二回連続で着地すると相手を寝かしつけやすい。これにキックフェイントを組み合わせると良い。
日本人はスピードが出過ぎる傾向にある。
身体能力が高い人ほどボールを蹴る前に軸足を連続で着地すると良いボールが飛ぶ。
キックが難しいときはドリブルにするといい。
相手を観客席に飛ばして自分だけボールとプレーする。
軸足を増やすと滑りやすい地面でも減速がしやすくなる。
相手を観客席に飛ばすプレーは相手チームの人が使っていた。過去の映像で確認済み。
革靴で凄いシュートを決めていそうな人のプレー。
納豆や鮎を食べていそうな妖精さんがしていたと記憶している。

他にも言いたいことはあるが、今回はこれぐらいにしておこう。

運動部、特に体育会系に何を言っても無駄だと思うからだ。言われて分かるような人間は、言われる前に自分で気付く。選手には気付かせることが大事だと言いながら、自分は全く気付かない指導者を見ていると、話すだけ無駄だろう。人の形をした何か。

セルビア戦は、日本サッカーの歴史を味わえた試合だったと思います。
懐かしい人達が元気そうで良かった。

指導者達は、もう一度サッカーを習うと良い。

日本サッカーの歴史に説教される指導者達を選手達と一緒に見たい。

おっと、1つ忘れていた。

途中からパス練習を始めましたね。

これは日本人選手の後遺症でしょう。

指導者がシュートを禁止したことによる後遺症。最近は症状が軽くなったと思っていたが違ったようだ。

育成年代の指導者の責任は重い。(2021年6月16日修正。「思い」を「重い」に修正)

骨折が分かりやすいだろうか。

骨が折れたときに適切な対処をしないと、変な形で骨が固定されるようだ。

どこの国かは忘れたが骨折時に腕を適切な形で固定せず、変な形で固まった男性の写真を見たことがある。

これと同じことを指導者は日本人選手にしている。

スポーツ指導者の罪は重いと思う。

私が独裁者なら全員死刑にするだろう。

なぜならば、指導者が教育と称して日本人の子供の手足等を折り、歪な形になるように変な固定の仕方をしているから。

運動部の異常な卑屈さや暗さは、指導者が原因だろう。

運動部は、立てこもり事件の被害者にしか見えない。指導者は立てこもり犯。

自称指導者達は、自分達が何をしているか理解して日本人差別をしているのだろう。

消せという意味にしか聞こえない。

何を言っているのか理解出来ない。

運動部は人なのだろうか。

●「最新版・サッカー目次」●
試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。
サッカー上達法やサッカーボールの扱い方はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で、
精神的な部分や考え方等は日の丸サッカーおでんで扱っています。

「サッカーおでんの秘密基地(YouTube)」を始めました。
君が登録してくれると私は嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください