「サイト・ブログ」カテゴリーアーカイブ

ボリビア戦。シュートが足りない

ボリビア戦がありました。
投稿が遅れると思い、感想をメモに残していた。
平成最後の試合感想になるはず。

前半シュートが少ない。
パスだけになっている。

後半、シュートが増えてくる。
中島選手、27分ごろでしょうか。
点が入る前にボールを後ろに動かした場面があった。(多分ドリブル)
これは上手い人の動かし方。ブラジル代表が使用しているものと同じでしたね。

シュート、ボールを低く抑えて蹴るキック。ブラジル代表と同じか、それ以上でしょうね。

続きを読む ボリビア戦。シュートが足りない

コロンビア戦、勝てた試合。シュートが足りない

コロンビア戦がありました。(毎回、似たようなタイトルだ)
勝てた試合。勝つべき試合。日本人選手が喜ぶ姿を見たかった。

試合の感想を簡単に。新しい時代が始まる前に慌てて記録。
シュートが足りない。
完。

平成最後の冗談。
記録が遅くなると思って、簡単にメモしていた。

続きを読む コロンビア戦、勝てた試合。シュートが足りない

カタール戦、勝てた試合。シュートとリスペクトが足りない

カタール戦がありました。
記録が遅くなったので簡単に。

シュートが少ない。もっと出来ただろう。
シュートが少なかったのは指導者の責任。

格好良く勝つのは素晴らしいことですが、適当なシュートで点を取りたかった。
相手側の守備人数が多くなるなら、つま先も使ってシュートを選択したい。
綺麗に点を取りたいという意思は感じたが、雑でもいいから点を取るべきだった。

選手達は良くやっていたと思う。
問題があるとしたら指導者だろう。
試合を重ねるごとに使用する技術が増えていったが、指導者が勝手に禁止した技術を使っていないのが響いたと思う。

単純で美しくなくても点を取る。
カタール側のシュートは美しいものではなかったが点を取った。

単純に撃つ。
日本人選手を指導する側がカタール側のシュートを求めるべきだった。

日本人選手は指導者が勝手に禁止する技術を使わずに結果を出してきた。
日本人選手に敬意を払える指導者が日本代表を育てていたら結果は違っただろう。

雑でもいいからシュートを選択するのが勝ちに行く選手。
カタール側のシュートは全て特別ではなかった。

続きを読む カタール戦、勝てた試合。シュートとリスペクトが足りない

イラン戦。日本サッカーの歴史を変えた一点

イラン戦がありました。
簡単に感想を。

原口選手、足の裏賢い。(書きたいことを記録していたのですが、どの場面か忘れた)
たぶん良い判断をしたのだと思います。
記録したときは内容を覚えているつもりが、得点したときの印象(三点目)が強くて完全に忘れてしまった。驚きの上書きで思い出せない。

後半22分ごろ。
誰なのか不明ですが、足の裏トラップ。その後相手ファール。
この記録も詳しく思い出せない。
おそらくボールの扱いが素晴らしかったのだろうと思います。
試合感想では日本人選手があまり使わない技術や発想を書くようにしているので、何かお手本になるような出来事が起きたはず。(自信はありませんけどね)

一点目。
南野選手と大迫選手が素晴らしかったですね。
とくに南野選手、笛がなるまで動き続けたのが賢い。
笛がなっても動いている方が安全です。
審判ではなく選手が勝手に判断したらいけません。
この試合の一点目は素晴らしいお手本でした。
日本代表の過去の試合を思い出すと、日本人選手も自分の判断で止まっていたことがありました。
「オフサイドだろう」と判断して守備陣が審判を見て動きを止めることがあったはず。
オフサイドでも審判が買収されていたら笛はならない。

頼もしい一点目でしたね。
倒れても立ち上がる南野選手を見習いたいものです。
南野選手の動きに反応した大迫選手も素晴らしい。
戦う準備が出来ている選手がいると見ていて安心出来ます。

続きを読む イラン戦。日本サッカーの歴史を変えた一点

ベトナム戦。蹴り方が変わり身体の向きをフェイントにしている?

ベトナム戦がありました。
簡単な感想を。

キーパーからのボールを吉田選手がアウトサイドで扱っていたのが、おしゃれでしたね。

DFの選手だったと思いますが左側からの低く鋭いパスが良かった。もう少し速いボールも面白いかも。

北川選手の胸トラップのようなボールの扱い方が良かったです。

全身でボールを包み込むような扱い方も綺麗でしたね。

真ん中の選手でしょうか、トラップしたボールが離れやすい場面もあったので、安全を優先するなら足の裏を選択しても良かったかも。

続きを読む ベトナム戦。蹴り方が変わり身体の向きをフェイントにしている?

ウズベキスタン戦。素晴らしいシュート

ウズベキスタン戦がありました。

簡単な感想を。

 

北川選手、反転からのシュート。

ボールの回転が逆回転でした。

足の甲で丁寧に蹴るシュートだと思います。

膝から下を振る教科書のような蹴り方だと思いますが、蹴り足の膝ごと振れば威力が上がったはず。

もっと強烈なボール、キーパーごと叩き込むようなシュートが出来るでしょうね。

逆回転だったので足首やスネを使って蹴っても良かった。シュートの回転を見ると、まだ強く撃てるはず。

 

続きを読む ウズベキスタン戦。素晴らしいシュート

日本対オマーン、シュートが足りない。ボールを当てる場所

今回ものんびり観戦。
オマーン戦がありました。

のんびり見ていたので書きたいことを忘れてしまった。
試合を見ていて気になったのは、シュートの少なさ。
もっと点が入るところが見たい。
シュートが足りない。
試合中にシュート練習をするつもりで撃った方が良かった。

今回はボールを当てる場所について簡単に触れます。
原口選手のペナルティーキックはインサイドキックに近い感じだったでしょうか。
「親指のつけね」と「かかと」の中間あたりで蹴っている印象でした。
あの蹴り方で綺麗な横回転をかけるのが凄い。
難しい蹴り方を選択しているという印象。

南野選手のシュートも同じような感じでしょうか。
前半か後半か忘れましたが、左足で蹴ったシュートがゴール右に飛んだ場面。
左足でゴール右側を狙うならシュートが右側にはずれたときのことを考えてアウトサイド回転のボールを選択しても面白かったですね。(または直線系)

左足ならアウトサイド回転系を、右足ならインサイド回転系のボールでゴールの中に吸い込まれるように保険をかけると良かったと思います。

当てる場所を足首の近くか内くるぶしにしても面白かったと思います。
相手ゴールキーパーが反応する前に撃ち抜くか、キーパーごと叩き込むシュートか。
丁寧なシュートという印象でしたね。
多少強引なシュートでも良かったと思います。

続きを読む 日本対オマーン、シュートが足りない。ボールを当てる場所

ポーランド戦。将来のために貯金した試合

ポーランド戦がありました。
三戦目なので本番を意識した戦いになります。
早めに点を取り将来のために体力を貯金したいところですが、点が入らず。
ポーランド側は勝利を求める。

日本側は次の戦いを考えると体力を残しておきたい。
この試合で無理をして本番に進んでも、貯金がつきて戦えないこともある。
一次試験は総合点で順位がつくので、次に進むことを優先した方がいい。
応援する側としては勝利を見たいところですが、相手側が勝利を求める気持ちが強くなると二次試験への影響が出るため難しいところ。

初戦と二戦目の貯金で総合順位が1位だったのが良かったですね。
出来ればセネガル戦も勝って、ポーランド戦は本番のための準備期間にしたかった。

続きを読む ポーランド戦。将来のために貯金した試合

セネガル戦は勝てた試合、もったいない。得点力が上がるボールの回転

セネガル戦は勝てた試合。
今後のことも考えるとセネガル戦で勝負を決めたかった。
もったいないの一言。

集中していても予想外のことが起きることがあります。
何かが起こる前提で多めに点を取るのが大事。
「ミスをしない戦い方」では完璧に戦ったとしても「引き分け」しか得られない。
「ミスをしないという消極的な考え方」ではなく「成功を増やすための戦い方」をする必要がある。

後方で戦う側にとっては小さな失敗が勝敗を左右することがある。
守る側が全て完璧でも勝利出来ない。
このことを考えると、攻撃陣が守備側の負担を軽くするためにも相手を圧倒する必要があります。
「相手の得点」を消せるのは「味方の得点」だけ。

セネガル戦は、まだまだ点が取れた試合だった。
今回の試合で結果を出して次の試合はその後の準備時間にしたかった。
日本サッカーの歴史を変えるためにも、セネガル戦は日本が勝つべきだった。

あとから確認したら他の選択肢が見つかる場合でも、試合中は判断出来ないこともある。
また、戦っている選手にしか分からないこともあるので、積極的に守りに行った結果であるならば問題無い。
味方を守るために戦う選手を支えるためにも一番遠い選手達の活躍が必要だ。
「敗北を遠ざける」のは守備陣の役目。「勝利を引き寄せる」のは攻撃陣の仕事。
サッカーは何点取れるかを競うスポーツ。
味方を守るためにもシュートが欲しい。

守備も良かったです。
相手との距離も近く日本人の強さが発揮出来たと思います。

続きを読む セネガル戦は勝てた試合、もったいない。得点力が上がるボールの回転

まだまだ点が取れたコロンビア戦。もっとシュートが欲しい

コロンビア戦がありました。
シュートを積極的に撃つことで試合の流れが大きく変わります。
パスを何回つなげても得点にはならない。
勝つためにはシュートを選択することが大事。
前半から積極的にシュートを撃つことで勝利の女神が日本代表側に近付いて来ましたね。

シュートを選択している選手達も、途中でシュートを忘れてパスを選択してしまうことがあります。
コロンビア戦でも積極的に撃っていれば、もっと点が入っていたでしょう。

W杯は4年に一度開かれるシュート練習が出来る豪華な大会。
対戦相手に関係無く積極的にシュートを撃って、レベルを上げることに専念したい。

続きを読む まだまだ点が取れたコロンビア戦。もっとシュートが欲しい