「日常」カテゴリーアーカイブ

日本代表、キルギス戦。ボールの回転に注目したい。

記録が遅れて、記憶に自信がない。
内容を忘れてしまったので、JFATV(日本サッカー協会公式YouTube)の映像で確認。
点が入っているのが良いですね。

一点目は丁寧なシュートで、回転が綺麗。
素晴らしいシュートでした。
何度見ても良いシュート。
動くボールを綺麗に撃ち抜く技術が美しい。

二点目。
キーパーの前で落ちるボールだったでしょうか。低いボールだったはず。
止められたかなと思いましたが入っていた。シュートは入れば良い。
低めのボールを見ると、中田英寿選手を思い出します。
良いシュート。

続きを読む 日本代表、キルギス戦。ボールの回転に注目したい。

日本対パナマ戦。素晴らしいシュート技術

最後にサッカーの試合を見たのがW杯のベルギー戦だったはず。
新しい日本代表の活動が始まり、新しい顔も。
前半は見逃した。
後半から気付いた。

気軽に見たので、簡単な感想を。
大迫選手のシュートが良かったですね。
ブラジルのロナウド選手よりも上手なシュートだったと思います。
着地数が一番少ないシュートで、最高級でした。
私の記憶ではブラジル戦のロナウド選手は蹴り足の着地数が1ぐらいあったはず。
全ては確認していませんがシュート前に「タタッ」っと足踏みをする印象。
着地数の少ないシュートを撃つこともありましたが、加速用に「蹴り足」「軸足」の2回着地する印象です。

(着地数の詳しい説明への移動先は下の方で紹介します)

今回の大迫選手のシュートは蹴り足の着地数がゼロの一番優れたシュート。
ブラジルのロナウド選手と同じか、それ以上の技術でした。
ボールの芯を撃ち抜くことは出来ませんでしたが、これを続けていくことが大事ですね。
ブラジル戦のロナウド選手も同じような場面がありました。
解説の反応は「ミートしなかったので助かりました」だったはず。

大迫選手のシュートは、ロナウド選手(ブラジル)を連想させるものでしたね。
シュートは入らないものなので、入るまで撃ち続けることが大事です。

ボールを大胆に動かせば日本人の身体能力の高さを活かせるのですが、ボールを動かさない技術が多い印象です。

続きを読む 日本対パナマ戦。素晴らしいシュート技術

W杯ベルギー戦、勝てた試合。もったいない。日本サッカーは次の時代へ

ベルギー戦がありました。
もったいない試合でしたね。

逆転はされましたが日本サッカーの歴史が変わりました。
今回の大会は、日本代表に選ばれた選手だけでなく、日本サッカーと共に歩んできた人達とつかんだもの。

日本代表に選ばれた選手達が、今まで使用していなかった技術も扱うようになった。
過去に覚えたことを忘れてしまったのかと感じる部分もありましたが、本番で使用している場面も多かったです。
可能ならばハリル監督で答え合わせをして、次の代表に繋げたかった。

応援する側としてはベルギーを倒した勢いのままブラジル戦を望みましたが、ブラジルとの戦いはもう少しあとになりそうです。

日本サッカーの新しい歴史が生まれたことを認識しながら、次の時代を作る準備をしないといけません。
新しい時代に乗り遅れないように応援する側も準備したい。

続きを読む W杯ベルギー戦、勝てた試合。もったいない。日本サッカーは次の時代へ

ポーランド戦。将来のために貯金した試合

ポーランド戦がありました。
三戦目なので本番を意識した戦いになります。
早めに点を取り将来のために体力を貯金したいところですが、点が入らず。
ポーランド側は勝利を求める。

日本側は次の戦いを考えると体力を残しておきたい。
この試合で無理をして本番に進んでも、貯金がつきて戦えないこともある。
一次試験は総合点で順位がつくので、次に進むことを優先した方がいい。
応援する側としては勝利を見たいところですが、相手側が勝利を求める気持ちが強くなると二次試験への影響が出るため難しいところ。

初戦と二戦目の貯金で総合順位が1位だったのが良かったですね。
出来ればセネガル戦も勝って、ポーランド戦は本番のための準備期間にしたかった。

続きを読む ポーランド戦。将来のために貯金した試合

サッカーはシュートゲーム。シュートを忘れないことが大事

サッカーは点を多く取った方が勝つ。
選手に求められるのは点を取ること。

日本代表が勢いに乗るためにも、シュートを忘れないことが大事。
過去の指導方法が原因か、シュートを忘れる時間帯がある。

どの時間帯もシュートを忘れないことが大事。
「シュートははずれるもの」
はずれるものだから、入るまで撃ち続けることが大事。

サッカーが上達するには試合でシュート練習をする必要がある。
理想的な環境でシュートを撃ち続けることが、チームをより強くするでしょうね。

ハラハラ、ドキドキしながら日本代表を応援したい。
日本代表の笑顔を見たい。

相手も人間。
リスペクトは大事だが、リスペクトしすぎるのはいけない。
相手よりも多く点を取ることを目指したい。

●「最新版・サッカー目次」●試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。 専門的な内容はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で扱っています。

勇気と元気

ショックなことがあると元気が無くなり他のことに影響が出ます。
少し前のバタバタとスイス戦でダウンしていましたが、パラグアイ戦が始まる前にちょっと良くなった。

パラグアイ戦を見て元気をもらったので、作業を再開したい。
落ち着いて見ているつもりでしたが、代表戦に影響されていた。

選手たちの戦う姿に勇気と元気をもらった。
ここ最近は別の道も検討していましたが、もう少し続けたい。

W杯本番です。
日本代表の笑顔が見たいですね。

●「最新版・サッカー目次」●試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。 専門的な内容はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で扱っています。

日の丸が再び立ち上がるパラグアイ戦。サッカーはシュートが大事

パラグアイ戦が始まり、日本代表の雰囲気が違って見えた。
相手側に点を取られますが、日本人選手の表情が思ったよりも暗くない。

試合が始まってから相手に戦う意思を示していたおかげか、パラグアイの選手は日本代表の圧力で不安定になっていましたね。
日本代表には2種類ある。
控えめな日本代表相手と、鬼のような日本代表。

パラグアイ戦は鬼のような日本代表でしたね。
外部から見えないところで何か動きがあったのでしょう。
対戦相手からしたら嫌な相手だったでしょうね。

本番でも同じことが出来れば上に進めるはず。
ボールを持った相手との距離が近く、相手への圧力は凄かったと思います。

クラブワールドカップの記憶では、「手で触れることが出来る距離」は「ブラジル人選手が嫌がる距離」だったでしょうか。
私の記憶では「アルゼンチンの選手」が「ヒジで触れられる距離」を嫌がったはず。
近い距離に一番慣れているのがアルゼンチンの選手だったと思います。

パラグアイ戦では、おしくらまんじゅうが出来る距離でしたね。
鬼のようなプレッシャー。
一人目の逆に動いても二人目がいる。後ろに戻そうとしたら三人目がいる。
ボールを持ったパラグアイ選手と二人三脚を始めそうな距離感でしたね。
パラグアイ選手はモテモテ。

続きを読む 日の丸が再び立ち上がるパラグアイ戦。サッカーはシュートが大事

なでしこ、ニュージーランド戦

男子だけかと思って油断していた。
見逃してしまった。

数字を見ると良さそうな感じ。
1試合だけでも急成長する選手は多いので、更に上手く強くなる過程を見れると幸せですよね。
自分の成長へのヒントにもなりますから。

●「最新版・サッカー目次」●試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。 専門的な内容はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で扱っています。