裸足でサッカーボールの芯を撃ち抜く画像

動画[ボールが動くルール]サッカーおでん[ボールの扱い方]、指導者の質がサッカーを決める

サッカーボールが動くルール、サッカーおでんを説明した動画。

ボールの扱い方を知ってからがサッカーの始まり。

算数のかけ算で九九を習います。九九を自分で発明する人はいないでしょう。

九九を自分で見つけることが算数の授業なのか。

違いますよね。

九九を覚えることはゴールではない。覚えてからがスタートです。

サッカーおでんとは、ボールの扱い方を説明したものになります。

これ1つで全てのボールに対応出来ます。

九九を覚えるのに何年かけますか?

殴られながら九九を覚えますか?

九九を教えない学習塾があったとしたら、すぐに潰れるでしょう。

スポンサード・リンク

質が低く極めて悪質な詐欺師でも「センセイ」としてお金を取れるのならば、スポーツ界は見捨てられているということです。

お金と時間だけを奪い、授業を一切しない学習塾は何年持つでしょうか。

勉強界なら即潰れたとしても、スポーツ界なら何十年も何百年も繁盛するでしょうね。

サッカーやスポーツも勉強の一部ですが、指導者の質が悪すぎて勉強からはずされた。

全て指導者の責任です。

あの世に逃げた指導者も含めて、指導者の責任です。

サッカーボールの扱い方は足し算や引き算、かけ算割り算と同じ。

これから色々な問題を解く子供達が、最初に習う内容です。

サッカーはどうですか。

スポーツはどうですか。

まともな教育を受けますか。

受けませんよね。

その根拠は、運動部が運動嫌いを生み出しているから。

運動部ですら運動嫌いになるのなら、運動に興味が無い人が体育嫌いになるのは当たり前でしょう。

雑な世界だと思います。

スポンサーリンク

私は体育が好きでも嫌いでも無い。

授業の中の1つとして認識しています。

体育(スポーツ情報等も含む)は受験科目に比べて説明が無い、非常にいい加減で無責任な人間が偉そうにする科目だと認識を改めました。(私の周りは常識的な運動部が多かったようです)

問題児がそのまま指導者になった感じ。

体育の授業で競技の説明があることの方が珍しい。(上達法や練習法の説明)

競技の説明をする先生もいましたが、限りなく「ゼロ」に近い感じ。

競技の説明は「ゼロ」ではなかったが、ほぼ「ゼロ」と言っても問題無い。

受験科目にならない(ただし、スポーツ系を目指す生徒を除く)から、受験生や保護者も見捨てるのだと思います。(どうでも良いから)

私の体育の過ごし方は、周りの経験者(運動部等)を見て真似をするだけ。

スポンサーリンク

質の悪い運動部は、出来ない人に暴言を吐く印象です。

他者に攻撃的な経験者(運動部等)は、だいたい成績が悪かった。

能力が高い子は勉強も運動も出来た。(勉強が苦手でも優しい運動部もいましたよ)

授業中は大人しいが、体育のときだけ暴言を吐くのは、勉強が出来ない自覚があるからなのか。

出来の悪い人間を罵倒するのが正しいと言うのならば、授業中に勉強が出来ない運動部を汚い言葉で鍛えるべきだと主張して欲しかった。

私には理解出来ませんが、勉強を教えるのは運動部を傷付けるのかもしれない。

勉強が出来ない運動部は授業中に罵倒されたかったのか。

悪いことをしたかな。

私が育った環境では出来る出来ないに関係無く罵倒するのは異常者でしたが、スポーツ界では違うみたいですね。

日本国民とは価値観が異なるのでしょう。

東アジア系の教育方針でしょうね。

だから、運動部の指導者は日本国民から相手にされない。

スポンサーリンク

サッカーやスポーツが認められるとは、帰宅部を含めた同級生に幸せを願われるということ。

まず、無理でしょう。

運動部に罵倒された子が多ければ、プロスポーツにお金を出す人は減る。

運動部から敬意を払われた子が増えれば、プロスポーツを支える人が増加する。

プロスポーツ選手に金を出すのではなく、頑張っていた同級生を思い出して支えようとする。

同級生に重ね合わせる人も少なくないと思います。

サッカーやスポーツの価値を決めるのは、共に過ごした同級生。

同級生にツバを吐くような運動部を注意しない指導者が敬意を払われることは無い。

運動部とは何か。

問題児の収容所か、それとも人の心を持った者が集まる場所か。

プロはアマチュアの積み重ね。

●「最新版・サッカー目次」●
試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。
サッカー上達法やサッカーボールの扱い方はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で、
精神的な部分や考え方等は日の丸サッカーおでんで扱っています。

「サッカーおでんの秘密基地(YouTube)」を始めました。
君が登録してくれると私は嬉しい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください