指導者について扱った記事が長くなりそう。リスペクトの意味が変わるかも

サッカー技術を扱った「サッカーおでん」の最長記事よりも、今回の記事の方が文字数が増えるかもしれない。
書きたいことを詰め込んだらボリュームが増えてしまった。

完成がかなり遅くなっていますが、しばらくお待ちください。
日本サッカーで使われる「リスペクト」という言葉の意味が、変わるかもしれませんね。

選手にとっては嬉しいこと、指導者にとっては怖いこと。
指導者は、自分を見つめ直す良い機会になると思います。
「自称サッカーに詳しい人(日本人に敬意を払わない人)」が喜ぶ内容でしょうね。
「海外」を輸入しました。(サッカー用語?の「ネジ」というものだろうか)

「リスペクト」という言葉が、一気に重くなると思う。
子供から大人まで読んで欲しいので、怖い記事にならないように気をつけたい。

●「最新版・サッカー目次」●試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。 専門的な内容はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で扱っています。

1 thought on “指導者について扱った記事が長くなりそう。リスペクトの意味が変わるかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください