カタール戦、勝てた試合。シュートとリスペクトが足りない

カタール戦がありました。
記録が遅くなったので簡単に。

シュートが少ない。もっと出来ただろう。
シュートが少なかったのは指導者の責任。

格好良く勝つのは素晴らしいことですが、適当なシュートで点を取りたかった。
相手側の守備人数が多くなるなら、つま先も使ってシュートを選択したい。
綺麗に点を取りたいという意思は感じたが、雑でもいいから点を取るべきだった。

選手達は良くやっていたと思う。
問題があるとしたら指導者だろう。
試合を重ねるごとに使用する技術が増えていったが、指導者が勝手に禁止した技術を使っていないのが響いたと思う。

単純で美しくなくても点を取る。
カタール側のシュートは美しいものではなかったが点を取った。

単純に撃つ。
日本人選手を指導する側がカタール側のシュートを求めるべきだった。

日本人選手は指導者が勝手に禁止する技術を使わずに結果を出してきた。
日本人選手に敬意を払える指導者が日本代表を育てていたら結果は違っただろう。

雑でもいいからシュートを選択するのが勝ちに行く選手。
カタール側のシュートは全て特別ではなかった。

スポンサード・リンク

日本人選手の真面目さが「日本人選手に敬意を払わない指導者達」に悪用された結果だと思う。

相手ゴール前に人数が揃っている。
日本と対戦する側なら分析をするだろう。
分析をしなくても少しぐらい情報を集めるだろう。
私が対戦相手なら日本人選手がシュートではなくパスを選択することを頭に入れてパスを奪いに行く。
「ドリブルはしない」
「ゴール前ではシュートではなく必ずパスをする」
これを頭に入れて戦うだろう。
結果はカタール戦と同じになるはず。

カタール側は「日本人選手を信じる戦い方」
表現を変えるなら「日本人選手を潰した下手で無能な指導者に感謝する戦い方」

日本人選手を幸せにすべき人間が、一番の敵だったという形。

「シュートを撃つな」「シュートではなくパスを出せ」「はずすぐらいなら撃つな」
「味方が繋いだパスを無駄にするな」
下手で無能な指導者がいなければカタール戦の結果は変わっていただろう。
「日本人選手が不真面目」だったら点数が逆だったはず。
指導者が日本人をリスペクト出来たなら結果は違っただろう。

単純な話。

日本人差別をする指導者は珍しくない。
日本人選手に敬意を払えない指導者がいる限り、日本人が自分達の身体能力の高さを信じて戦えない。

敵側から表現するなら、「日本人選手を潰すための工作活動が完璧に機能している」だろうか。

スポンサーリンク

ゴール前に人数が多いほど点が取りやすい。
通常なら苦戦すると思うかもしれない。
日本人選手がたくさんいれば大変かもしれないが、相手は日本人選手ではない。

集中力だけでなく責任感が違う。
「適当に蹴る」は「自分とチームが結果を出すための行為」
シュートを選択するのはサッカー選手として正しい行為。
シュートを撃つなという方が間違っている。

海外の指導者が「日本人選手はリスクを恐れる」と発言していた。
サッカー関係者の発言だったが、はっきり言うと意味が分からなかった。
日本人はリスクを恐れていないだろう。

東アジア原産の日本人差別が好きな指導者や自称上級者は「国民性を変えるべきだ(日本人の血を消せという差別発言)」ということもあるが、これは間違いだ。

サッカーではない別の競技でも同じことを海外の指導者が言っていた。
「彼はリスクを恐れる」
リスクを恐れず積極的にシュートを撃てば良くなるということだった。

日本語で聞くと「リスクを恐れる日本人選手の問題」だと感じるが全然違った。
正確に訳すなら「指導者が日本人選手を不幸にしている」
日本人の幸せに貢献出来ない人間が指導者の立場にいる。

カタール戦を見て、ここまで触れるか悩んだ。
海外の指導者、特に白人や黒人が原因に気付くのは難しいと思う。
日本国籍を取得した人も含めて日本人と似たような人が日本人差別をしている。
日本人への敬意が無いことが原因である。
おそらく海外の優れた指導者ほど、この原因に気付けないはず。
この発想は出ないはず。説明されても信じないと思う。

「日の丸を育てる立場の人間が日の丸を燃やし切り刻む」
これを説明されても信じないと思う。
私が外国人指導者だったら絶対嘘だと思う。

「日の丸を燃やし切り刻む人間が日本人を指導する立場になれるはずがない」と考えるからだ。

日本サッカーの強化を考えるなら「日本人差別を行う指導者(教育だけでなく報道関係者も含む)にレッドカードを出すこと」から始めた方がいい。

スポンサーリンク

海外の指導者はこの原因に気付けないだろう。(そんな馬鹿げたことが起きるはずがないと考えるからだ)
選手に敬意を払う指導者ほど発想が浮かばない。
リスペクトの大切さを知っている指導者ほど分からない。

日本人選手が優しいのは試合を見ていれば分かる。
もうプロだ。
子供達が見ている。

日本人選手は付き合う相手や考え方を見直すべきだ。
サッカー選手とはシュートを選択するのが自然だ。

小さい頃は指導者の機嫌を取らないと潰されたかもしれないが今は違う。
身体も大きくなり筋力も指導者より強くなっただろう。
完璧なお手本とまではいかなくても、次の世代にサッカーを伝えるべきだった。

サッカーは点を奪うゲーム。
日本人をリスペクトしない指導者を気持ち良くするスポーツではない。

カタール戦は、上から言われたプレーに見えた。
出来ない人には、このようなことは言わない。
日本代表は、もっと出来ただろう。

付き合う相手や考え方は選んだ方がいい。

スポンサーリンク

自分の能力を信じられずに戦う選手を見るのは苦しい。
ブラジル代表を見るといい。
サッカーのルールを守っている。
日本代表はサッカーのルールではなく「指導者の好み(ルール)」を守っている。

サッカー歴が長い選手ほど気付けないと思う。
その戦い方、君の好みではないでしょう。

「親や指導者が好むこと」を「自分が好きなこと」だと思っていないか。
大学からサッカーを始めた元帰宅部の私には「日本人選手の優しさや勤勉さが悪用されている」ように見える。

サッカーで一番強いルールは「サッカーのルール」
「指導者の好み(ルール)」など「どうでも良いこと」
適当に「はいはい」言っておけばいい。

試合を見れば見るほど違和感が強くなる。
誰が戦っているのか分からないときがある。
私は日の丸を付けたことがないが、日の丸の意味は知っているつもりだ。
日の丸を燃やし切り刻む相手のために戦うのは違うと思う。

最初は作戦かと思っていたが、どうやら違ったようだ。

サッカー経験者はテレビゲーム(アクションゲームやシューティングゲーム)をするといい。
攻撃パターンが簡単なボスは、楽に倒せる。
相手をだますための作戦ならいいが、たぶん違うのではないか。

日本人選手は攻略法を知られたら苦しくなるルールで戦っていると思う。
真面目な選手ほど「適当なシュート」が有効。
シュートではなく丁寧にパスを選び続けると思われるからだ。

パスしか無いのか、シュートを意識させないための連続パスなのか、はっきりした方がいい。
ゲーム好きな人ほど攻略法に気付くと思う。

スポンサーリンク

「雑なシュート」は「真面目なチーム(日本代表)」に強い。
「個の力」や「強烈な一発がある」のではなく「日本人を指導した人がダメなだけ」
日本人選手に敬意を払える人間が指導者をしていれば結果は全く違う。

「子供が自分の意見を言えるか」
「子供の考えを親が認められるか」

「子供の意見を認めない大人」が「下手で無能な指導者」
東アジア原産の日本人差別をする人間が「先生」をしている間は「能力を制限されたまま」で戦わないといけない。

「指導者の器が小さすぎた」
日本人選手をリスペクトできない指導者は去ってもらった方がいい。

 

相手側のシュートは平凡だった。

日本人選手なら、より素晴らしいシュートを決められたはずだ。

自分自身へのリスペクトが足りないように見えた。

 

新しい時代が始まる前に、平成の試合を記録しておこう。

 

●「最新版・サッカー目次」●
試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。
サッカー上達法やサッカーボールの扱い方はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で、
精神的な部分や考え方等は日の丸サッカーおでんで扱っています。

「サッカーおでんの秘密基地(YouTube)」を始めました。
君が登録してくれると私は嬉しい。

1 thought on “カタール戦、勝てた試合。シュートとリスペクトが足りない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください