EAFF E-1、初戦

女子は見逃した。

男子も見逃すところだった。

試合があるとは思っていなかったため、簡単な観戦記録。

男女共、東アジア戦は怪我をしなければ良い。

男子の方。

のんびり観戦。(怪我をしなければ良いという発想)

ボールが大きくなる場面が。足の裏を使っても良かったかも。

肘打ちや首への飛び蹴り等、下品なプレーが目立つ。

暴力と激しいプレーは違う。暴力的な選手を激しいというのは、暴力や差別に反対しているサッカーを否定するようなもの。解説する側や報道する側にも責任のある態度をとってもらいたい。

鈴木選手のシュートが良かった。

スポンサーリンク

後半。

三浦選手のヘディングが良かった。

席を離れていたら良いプレーが。

後半33分ごろだろうか。

遠藤選手。

良いシュート。もう少し曲がれば入っていた。回転も良かった。

暴力的なプレーを否定しない報道関係者、日本人選手への暴力を絶賛する報道関係者を覚えるといい。日本人差別で喜ぶのは誰か記録した方がよい。

誰が味方で、誰が敵なのか。

付き合う相手は選んだ方が良い。

●「最新版・サッカー目次」●試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。 専門的な内容はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください