たぶんカタール戦。審判との戦い

たぶんカタール戦か。

記録も記憶も無し。

後半から観戦。

この試合だったか分からないが、カタール戦だと仮定して記録。

あとで書くつもりが別の作業で時間があき、うっすらとしか覚えていない。

カタール戦か分からないが、日本人選手への暴力行為を審判が見てみぬふりをしていた印象。

後半から見たら日本側が10人で戦っていた。

試合情報を見ると、カタール戦で正しいようだ。

スポンサード・リンク

後から映像で見たが、日本側が先にボールに行ったが、その後に相手に当たったプレーだったはず。

報道側の言い方から日本側を悪者にしたい意思を感じたため、ああ、審判がおかしい試合かと理解。

日本人差別が大好きな報道関係者が日本人を攻撃しないはずがない。

日本人を加害者にしたがる報道側が映像を何度も嫌がらせのように見せないことを考えると、審判が正常な判断をしなかったのだろうと予測。

後から見た映像で納得。

前後の映像を見せると審判がおかしいと思う日本人が出てしまうから、映像を出さないのだろう。

日本人差別好きが活発化しそうな試合でしたね。

スポンサーリンク

後から見た映像で、先輩が後輩を守っていたことを知り安心。

その試合に出ているかどうかは関係なく、同じ日本人選手として現場で戦っている姿を見ると勇気をもらえますね。

前線で戦い続けてきた選手達だからこそ、正常な判断が出来ない審判に敏感なのだと思います。また、観戦している側では知ることが出来ない情報も持っているから、周りで応援する人以上に何かを感じるのだと思います。

たとえ結果が覆らないとしても、上の世代が下の世代と一緒に戦う姿勢を見せてくれると、次の世代は安心出来ますよね。引退しても日の丸をつけている選手達を見ると嬉しくなります。戦う場所は変わっても日本代表は日本代表ですからね。

日本人選手が大変なのは、日本人差別や買収された審判達(報道関係者も含む)とも戦わないといけないから。

海外に優秀さは求めない。

せめてサッカーや日本人選手に敬意を払える人達が、サッカーの試合に携わってほしい。

出る杭である日本を叩き潰そうとするアジアでは、サッカーが出来ない。

審判でシュート練習でもすれば良いと思う。

壁当てでもしたらどうかな。

アジアサッカーの問題を、現場で戦う日本人選手に背負わせるのは間違っている。

指導者や指導者を指導する立場の人間が仕事をすべきだろう。

被害者である日本人を加害者にしたがる集団達から、日本人を守らないといけない。

殴られた側や蹴られた側がカードをもらうのは異常だ。

●「最新版・サッカー目次」●試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。 専門的な内容はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください