シュートが勝ち点3を呼び込む画像

予備動作を減らしてシュートを磨く

シュートを撃つときに予備動作が多いと飛ばすまでに時間がかかります。

予備動作が無いと相手が反応する前に撃てるでしょう。

勝負に遅刻しないシュートを手に入れるために、ボールを撃つ機会を増やしてください。

ボールが外に出るとスローインになります。(ただし、何とかキックの場合は除く。例、CK、GK)

ゴールキーパーがキャッチした場合でも、ボールを手で扱えます。

ボールを手で飛ばすとき、手とボールを離しますか?

離しませんよね。

利き手でボールを持ち、腕だけでなく身体全体で飛ばそうとするでしょう。

この動作が参考になります。

スポンサーリンク

良いシュートが撃てない人は、ボールに触れてから足を振るようにします。

通常のキックでは「バンやズドン」という衝突でボールを飛ばしますが、今回は触れてから飛ばします。

手で投げるように、足で投げます。

シュートを撃つときはボールに触れてから蹴り足を加速させると、今までにない動きになるでしょう。(練習で試してね)

ボールを足で投げる方法は「ボールは蹴らない投げましょう。足と一緒に加速する」で紹介しています。

ボールは蹴らない投げましょう。足と一緒に加速するを紹介した画像
ボールは蹴らない投げましょう。足と一緒に加速する

「投げるように」ではなく、本当に投げます。

蹴り足でボールを投げられるようになればシュートの質も上がるでしょう。

この投げる動作は、ドリブルからのシュートで特に活躍します。

スポンサーリンク

シュートが撃てない人を観察すると、シュートを撃つまでの時間が長いことが多い。

ゲームに出てくる魔法が分かりやすいでしょうか。

呪文を唱えるのに非常に時間がかかる。

詠唱が終わる前に相手DFに距離を詰められるため、シュートを撃てずに勝負に遅刻する。

この繰り返しで、シュート能力が落ちるのでしょう。

身体の動きを速くしても限界があります。

身体を速く動かすことよりも、無駄を減らすことの方が大事だと思いますよ。

スポンサーリンク

ボールの扱い方ではなく身体の使い方を追求しても発見出来ないことがあると思います。

何を大事にするかは個人で決めてください。

私なら、ボールの扱い方を大事にします。

ボールの扱い方を追いかけると、自然と身体の使い方も確認出来ますからね。

身体の使い方については、下の3つの動画がおすすめです。

身体の使い方が気になる人は、時間があるときに見てください。

指導者が教えない動きもあると思いますよ。

スポンサーリンク

今日紹介した記事。

ボールは蹴らない投げましょう。足と一緒に加速するを紹介した画像
ボールは蹴らない投げましょう。足と一緒に加速する

今日紹介した動画。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
サッカーおでんのブログ - にほんブログ村

上手くなりたい人におすすめの組み合わせ

ペレーダ土用
(5号球) 私は第4世代(2013年から)のペレーダを使用。2019年から第5世代が登場。

空気圧の確認用に使用 適切な空気圧になるようにスポーツ用品店で購入。

空気を入れるために サッカーボールに空気を入れるためにスポーツ用品店で購入。

ボールを傷めないように サッカーボールを傷めないようにスポーツ用品店で購入。

ペレーダ芝用
(5号球) 私は第4世代(2013年から)の土用を使用。2019年から第5世代が登場。


「サッカーおでんの秘密基地」君が登録してくれると私は嬉しい。

●「最新版・サッカー目次」●
試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。
サッカー上達法やサッカーボールの扱い方はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で、
精神的な部分や考え方等は日の丸サッカーおでんで扱っています。

「サッカーおでんの秘密基地(YouTube)」を始めました。
君が登録してくれると私は嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください