両手でドリブルという文字を持つ画像

[動画紹介]ドリブルの注意点。すりきり一杯

サッカーのドリブル練習を見ると、速さを追求することが多いようだ。

速さを求めることは間違ってはいないが、速さを使いこなすことを意識しているだろうか。

ドリブル練習を見ると、細かく速くボールを動かすものが多い。

細かく速く動かすことは間違いではないが、そのドリブルの使い方を勘違いしている人が多い印象だ。

現在、ドリブルに関する記事を作成中だが、予告もかねて簡単に紹介。

日本人の日常にはすりきり一杯がある。

この、すりきり一杯という考え方が大事。

動画を見ると伝わると思うが、細かく速く動かすドリブルは明らかに効率が悪い。(着地数も増える)

サッカー指導者の中では普通の光景なのかもしれないが、日本人の日常で考えると明らかにおかしい。

例えば、調理で砂糖を一杯(さじ1回分)入れるとする。

このとき、計量スプーンから砂糖がこぼれないように細かく少しずつ入れるだろうか。

おそらく、入れないはずだ。

正確に量るとしたら、すりきり一杯になるだろう。

この「すりきり」という考えが大事。日本人にとって当たり前の「すりきり」という知恵。

サッカー指導者は持っていないが、日本人は当たり前のように持つ日常の知恵。

指導者はどこの国の人間だ。何人なのか。宇宙人か。指導者からは日の丸を感じないが。

ドリブル練習を見ると、スプーンに小刻みに入れることしか考えていないようだ。

余分な速度を落とすという発明もして欲しい。

動画では、すりきり一杯を紹介している。

今回は早送りを覚えたため、見やすいはずだ。すぐ終わる。

サッカーで大事なのは頭。賢さだ。

同じ包丁でも、使う人によって得られる結果が変わる。

他者を喜ばせるために使うものは成長する。

他者を傷付けるために使うものは刑務所に入る。

何のためにドリブルをするのか。シュートを撃つためだろう。

スポンサーリンク

減速を覚えた方がいい。

いや、はっきり言おう。

減速を覚えるべきだ。

ブレーキが壊れた自動車を利用し続けるのは賢いとは思えない。


下は減速に関する記事。他にもあるが今回は2つ紹介。

「後ろ」の大切さ。減速と緩急と吸い付き(初心者向け)

「もう誰も触れない、最高のドリブル」(上級者向け)

減速に関連する記事を調べたいときは、「site:socceroden.com 減速」で調べるといい。

検索エンジンで「site:socceroden.com 減速」と入れたら出てくるはず。

(検索エンジン:何とかグルや何とかフー、何とかング。何とかダックゴー等)

「サッカーおでんの秘密基地」君が登録してくれると私は嬉しい。

●「最新版・サッカー目次」●
試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。
サッカー上達法やサッカーボールの扱い方はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で、
精神的な部分や考え方等は日の丸サッカーおでんで扱っています。

「サッカーおでんの秘密基地(YouTube)」を始めました。
君が登録してくれると私は嬉しい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーおでんのブログ - にほんブログ村

[動画紹介]ドリブルの注意点。すりきり一杯」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください