下手で無能な指導者が、選手と才能を潰している画像

指導者は選手達の良いお手本になれるのか

サッカー選手が能力を伸ばそうとしたとき、近くにお手本があると成長しやすい。

指導者は選手のお手本になれるのか。

悪いお手本になる指導者は多くても、良いお手本になれる指導者はいないのではないか。

チームに所属している選手は指導者を褒めると思うが、周りからも支持されるとは限らない。

指導者を褒めないと暴力や嫌がらせ等をされる場合、選手は指導者を無条件で褒めるだろう。

心の中で思っていることを表に出すことはない。

外部から見た感じでは、運動部の指導者が選手のお手本になれるとは思わない。

私がそう考えるのは、指導者が選手達の良いお手本になっているのならば、体育会系の不祥事は発生しないからだ。

むしろ、指導者が悪いお手本として機能しているのではないか。

スポンサーリンク

指導者に殴られたから後輩を蹴り飛ばす。

サッカー選手だけでなく他の運動部を見ていると、理解出来ない生き物に見えることがある。

私が異常なのか。それとも、運動部のお手本がおかしいのか。

それは分からない。

ただ、サッカー指導者が良いお手本になっていないことは指導内容から予測出来る。

運動部にとって、人様のお子さんの命は非常に軽いのだろう。

「サッカーおでんの秘密基地」君が登録してくれると私は嬉しい。

●「最新版・サッカー目次」●
試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。
サッカー上達法やサッカーボールの扱い方はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で、
精神的な部分や考え方等は日の丸サッカーおでんで扱っています。

「サッカーおでんの秘密基地(YouTube)」を始めました。
君が登録してくれると私は嬉しい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーおでんのブログ - にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください