ジャンプする人の画像

今いる場所は危険地帯。これから向かう場所が安全地帯

サッカーでは接触があります。

正常な接触だけならいいのですが、そうではないものもあります。

特に悪意のある攻撃を受けると大怪我をしてしまう。

怪我をするとサッカーが出来ない。

サッカーが出来ないと活躍出来ない。

なら、怪我をしない選手になればいい。

選手が無防備になるのはボールを扱うとき。

味方からのパスをトラップするとき、軸足を狙って壊す選手もいるかもしれない。

上手い相手を壊して止める選手は珍しくない。

日本人と価値観を共有しない相手と戦うことも意識しましょう。

スポンサーリンク

例えば、味方からパスをもらうとします。

ボールは自分の方に飛んでくる。

相手も自分の足に飛んでくる。

ここで考えたいのがボールの位置。

ボールと関係無い場所で相手の足を折ったら批判されますが、ボールに関連する場面なら誤魔化せるでしょう。

悪意のある人間は、どうすれば悪事を隠せるかよく理解している。

だから、ボールをトラップする瞬間に軸足を狙う。

言い方を変えるなら、相手が狙う軸足を動かせば壊されにくい。

下の動画が分かりやすいでしょうか。

止める蹴るでは、成長も止まる。

マラドーナ選手(アルゼンチン)の頃だったと思いますが、相手を止めるのではなく壊して動けなくするという印象です。

この思想を土台として現代サッカーが存在するならば、毎回その場で止まるサッカーは非常に危険だと思います。

スポンサーリンク

止める蹴るは、サッカーの基本だと言われるでしょう。

では、ボールを止める場面は、どれぐらいありますか。(ここで言う止めるとは完全に停止させること)

強い相手から点を取るときに、ボールを完全に停止させる瞬間はあるでしょうか。

絶対に無いとは言いませんが、ほぼ無いのでは。

強い相手を倒すには、衝突力のある走りのままシュートまで撃つ必要がある。

2018年のW杯、日本対ベルギー戦が分かりやすい。(ベルギーの3点目)

点を取るために一気に動き出す。

毎回止めるだと相手に対応されるので、トラップを飛ばす戦い方も覚えた方が良い。

ボールを動かす意味は「ボールは選手の心臓、止めずに動かし続ける」で紹介しています。

ボールは選手の心臓、止めずに動かし続けるを紹介した画像
ボールは選手の心臓、止めずに動かし続ける

スポンサーリンク

止める蹴るは大事だと思いますが、止めることが常に第一候補になると攻撃の質が落ちます。

トラップで止める癖が、ドリブルまで止めてしまう。

カウンターまで勝手に止まりますからね。

止める蹴るを大事にするのは素晴らしい考えだと思いますが、シュートを止めたらだめでしょう。

シュートと悪意への対処法を知る選手が勝ち続ける選手だと思います。

何を基本とするかで、サッカーの最終形態(上限値)が決まります。

自分で決めるなら良いが、指導者に押し付けられて従うのは駄目ですよ。

止める蹴るが大事だと思うなら、カウンターのときは外に出た方が良い。

流れを止められると困りますから。

スポンサーリンク

下の動画が最近新しく覚えた知識で作成したもの。

動画を見ると分かるでしょうか。何か違いますよね。

動画用は完成したので、これを更に修正したい。

今日紹介した記事。

ボールは選手の心臓、止めずに動かし続けるを紹介した画像
ボールは選手の心臓、止めずに動かし続ける

今日紹介した動画。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
サッカーおでんのブログ - にほんブログ村

上手くなりたい人におすすめの組み合わせ

ペレーダ土用
(5号球) 私は第4世代(2013年から)のペレーダを使用。2019年から第5世代が登場。

空気圧の確認用に使用 適切な空気圧になるようにスポーツ用品店で購入。

空気を入れるために サッカーボールに空気を入れるためにスポーツ用品店で購入。

ボールを傷めないように サッカーボールを傷めないようにスポーツ用品店で購入。

ペレーダ芝用
(5号球) 私は第4世代(2013年から)の土用を使用。2019年から第5世代が登場。


「サッカーおでんの秘密基地」君が登録してくれると私は嬉しい。

●「最新版・サッカー目次」●
試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。
サッカー上達法やサッカーボールの扱い方はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で、
精神的な部分や考え方等は日の丸サッカーおでんで扱っています。

「サッカーおでんの秘密基地(YouTube)」を始めました。
君が登録してくれると私は嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください