身体の能力を確認する意味と描かれた画像

サッカーに必要な動きと相手を騙す動き

身体の使い方を学ぶときは、それが必要か考えましょう。

動作を意識するあまり、次の予定が動きに出ることがあります。

サッカーは相手がいる競技なので、出来るだけ考えを読ませないようにしましょう。

一般的な選手は、おへそが向いている方へ動くでしょう。

これは、サッカー経験が多い人ほど、自然と感じ取ることかもしれませんね。

この「サッカーの普通」はフェイントに使えます。

わざと分かりやすい動きをして相手を自由に動かしましょう。

スポンサーリンク

フェイントを覚えたい人は、身体の動きを確認してください。

身体の方向指示器(チカチカ)が出ていると、相手はフェイントに騙されませんよ。

相手が上手くなるほど、小さな違和感で嘘を見抜く。

身体の使い方を重視するサッカーを選択するなら、もう少し丁寧に動きを観察しましょう。

方向指示器(チカチカ)についての説明は下の動画で確認出来ます。(4分15秒ぐらいから)

身体を動かすフェイントを使う人は、方向指示器(チカチカ)が出ていないか確認しましょう。

動きを予測されるとフェイントを出すように誘導されますからね。

スポンサーリンク

分かりやすい動きをする選手は止めやすい。

丁寧に抜こうとするよりも、荒くても一気に勝負する選手の方が怖いと思いますよ。

身体の使い方は大事ですが、そればかりにならないようにしてください。

考えが動きに出ると大変ですからね。

相手の考えを予測して誘導したいなら、動くのが得意な方向と苦手な方向を知るといいでしょう。

得意な方向と苦手な方向は「動くのが得意な方向と苦手な方向」にあります。

動くのが得意な方向と苦手な方向を紹介した画像
動くのが得意な方向と苦手な方向

速さや移動距離を考えると、インサイドのドリブルの方が切れ味が鋭いはず。

少し前から、インサイドでのドリブル(切り返し等)は否定されている感じですかね。

インサイドのドリブル(切り返し等)は魅力的ですよ。

スポンサーリンク

インサイドのドリブル(切り返し等)に興味がある人は「悪夢再び、足は左へボールは右へ」がおすすめです。

悪夢再び、足は左へボールは右へを紹介した画像
悪夢再び、足は左へボールは右へ

マラドーナ選手(アルゼンチン)を知っているなら、インサイドのドリブル(切り返し等)をおすすめします。

今日紹介した記事。

動くのが得意な方向と苦手な方向を紹介した画像
動くのが得意な方向と苦手な方向

悪夢再び、足は左へボールは右へを紹介した画像
悪夢再び、足は左へボールは右へ

今日紹介した動画。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
サッカーおでんのブログ - にほんブログ村

上手くなりたい人におすすめの組み合わせ

ペレーダ土用
(5号球) 私は第4世代(2013年から)のペレーダを使用。2019年から第5世代が登場。

空気圧の確認用に使用 適切な空気圧になるようにスポーツ用品店で購入。

空気を入れるために サッカーボールに空気を入れるためにスポーツ用品店で購入。

ボールを傷めないように サッカーボールを傷めないようにスポーツ用品店で購入。

ペレーダ芝用
(5号球) 私は第4世代(2013年から)の土用を使用。2019年から第5世代が登場。


「サッカーおでんの秘密基地」君が登録してくれると私は嬉しい。

●「最新版・サッカー目次」●
試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。
サッカー上達法やサッカーボールの扱い方はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で、
精神的な部分や考え方等は日の丸サッカーおでんで扱っています。

「サッカーおでんの秘密基地(YouTube)」を始めました。
君が登録してくれると私は嬉しい。

サッカーに必要な動きと相手を騙す動き」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください