決定力や得点力という看板を背負う人に、着地数という名前が付いている画像

シュートを速く撃つためにボールとの距離を考える

シュートを撃つまでが遅い人は、ボールとの距離を見直してください。

同じ足の速さでもボールとの距離が遠くなるほど蹴るまで時間がかかります。

走る距離が長くなるとゴールするまでの時間が伸びるのと同じですね。

ボールを扱うとき、トラップを意識する指導者は多いと思います。

発想としては正しいですが、いくら完璧にトラップしたとしてもボールまでの距離が長くなるなら意味が無い。

ボールの置き場所に気を付けている人は、ボールを触った後の動きを確認してください。

ボールを触った後にボールから遠ざかる人、特に軸足を離す人はシュートが遅い。

軸足をボールから離すことについては「キック能力検査」がおすすめ。

スポンサーリンク

せっかくゴール前に近づいたのに、一度遠ざかってからシュートを撃つようなものです。

その動作に意味があるのか。

考えろ、考えろと命令する指導者は多いと思いますが、本人が考えていないのではないか。

指導者が理想とする場所にボールをトラップしたとしましょう。

その後、自分から遠ざかれば意味が無い。

スポンサーリンク

海外の治安の悪さを考えると分かりやすいでしょうか。

自分の財布等を椅子や机の上に置き、一度離れてから使用しようとする。

日本国内では持ち物を置くことで場所取りの意味になりますが、海外旅行等の話を聞くと、一瞬で奪われることもあるそうです。

ときには奪われないこともあると思いますが、サッカーボールなら奪いに来るでしょう。

ボールから離れても奪いに来ないのは、親善試合のブラジル代表ぐらいでしょう。(ただし、一番手ではない選手は除く)

スポンサーリンク

走る勝負なら、初心者とサッカー経験者は同格です。

判断や反応の速さ、足の速さの勝負になります。

奪った勢いでシュートまで撃てなくても、外に蹴り出すことぐらいは出来ますからね。

無駄が多いとサッカー歴を見せる前に終わりますよ。

スポンサーリンク

指導者が考えていないから選手も考えないのでしょうね。

指導者の駄目なところまで真似しなくてもいいと思いますよ。

運動部は変なところで真面目。


今回紹介した記事

「キック能力検査」

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
サッカーおでんのブログ - にほんブログ村

上手くなりたい人におすすめの組み合わせ

ペレーダ土用
(5号球) 私は第4世代(2013年から)のペレーダを使用。2019年から第5世代が登場。

空気圧の確認用に使用 適切な空気圧になるようにスポーツ用品店で購入。

空気を入れるために サッカーボールに空気を入れるためにスポーツ用品店で購入。

ボールを傷めないように サッカーボールを傷めないようにスポーツ用品店で購入。

ペレーダ芝用
(5号球) 私は第4世代(2013年から)の土用を使用。2019年から第5世代が登場。


「サッカーおでんの秘密基地」君が登録してくれると私は嬉しい。

●「最新版・サッカー目次」●
試合等の記事は新しいサッカー・スポーツ目次「サッカーおでんのブログ」で。
サッカー上達法やサッカーボールの扱い方はサッカー専門サイト「サッカーおでん」で、
精神的な部分や考え方等は日の丸サッカーおでんで扱っています。

「サッカーおでんの秘密基地(YouTube)」を始めました。
君が登録してくれると私は嬉しい。

シュートを速く撃つためにボールとの距離を考える」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください